RECENT POSTS

エコー診断装置を導入しました

IMG_1476

 

獣医師が増えたため、今まで診察室1にあったエコーをもう一台診察室2にも導入し、さらに医療用画像管理システム(PACS)の運営も開始しました。

上の写真は診察室2の新しいエコーとPACSですが、エコーの画面とパソコン画面に同じものが映し出されているのが分かります。

エコーとPACSは院内のLAN(写真左のピンクの矢印)を通じて瞬時に保存されます。

これら全ての画像情報は診察室1および2で共有されているため、どちらの診察室でも同じクオリティで診断結果をお伝えできます。

 

今までは診察室2は眼科専用な感じで使用しておりましたが、一般診察も眼科診察同様増えてきましたので、エコー診断装置同様に眼科診察機器も同時に増設し、どちらの診察室でも同レベルの診察の質でできるよう工夫し、お待たせする時間の短縮を図ります。

 

質の高い獣医療を提供するため、この先も気を引き締めて診察にあたります。お時間に余裕をもってご来院下さいませ。

 

 

くるめ犬猫クリニック 院長

« »