RECENT POSTS

アメリカン・コッカー・スパニエルの白内障

忙しくてブログ更新、なかなか思うように出来ません。

 

いろんな報告したいのに…

 

ということで、ちょっと空いた時間を利用してブログ更新です。

 

今回は、アメリカン・コッカー・スパニエルの白内障についてです。

 

この犬種は、白内障を起こしやすいことで有名です。”ダックスフンドと言えば、椎間板ヘルニア”みたいな感じです。最近では、T.プードルも白内障手術として多かったりします。

 

アメリカン・コッカー・スパニエルは白内障の術後成績の悪さでも有名です…

また、手術しないと緑内障になる可能性も多かったりします。

なんだか板挟みですね。

 

今回のコッカーさんは右眼が真っ白で失明しています↓

 

 

そして反対眼も白内障になり失明しそうです↓

 

 

 

もうすぐ失明しそうになるのを放置しておくわけにはいきませんが、相手は術後合併症で有名なコッカー…悩んだ上でのオペです。白内障の成熟度に伴って術後成績が悪くなるので、手術成績を少しでも良くするためにまだかろうじて見えている方の眼から手術です。(これって結構、手術を受ける側としては勇気が要ります。)

 

 

そして、術後の経過も良く、視力は劇的に改善されました!

(少しだけ眼内炎症のため、フィブリンの析出があり、涙目瞳孔になっておりますが、正常範囲内です。)

 

僕の眼の代わりをしてくれた手術用顕微鏡↓

 

 

そして、細かな操作のために指より細く動いてくれた器具達↓

 

 

 

 

そして、何よりも当院スタッフの強力なバックアップのお陰で今回の手術を成功させることが出来ました!!!

みんなに感謝!

残る反対眼に関しては、また後日勝負しよう!

 

 

 

 

 

« »