RECENT POSTS

日本の獣医眼科医第一人者

朝晩の暑さがしのぎやすくなってきたここ久留米です。

 

この土日、福岡はちょっとした熱気に包まれていました。

一つはスマップが来ていた(?)こと。

これは僕はあまり知りませんが、知り合いの先生が仰っていました。

 

それより、僕にとっては日本の獣医眼科医の第一人者と言われる東京の工藤荘六先生が来福していたことです。所属している眼科勉強会に工藤先生を講師としてお招きいたしました。

 

 

 

日本における動物用眼内レンズの発明や今までの動物への白内障手術のこと、その他たくさんの知識を惜しみなく僕らにご教授してくださいました。

 

白内障治療に対して僕は超音波乳化吸引術と呼ばれる術式を選択しておりますが、実は、20年ほどしか歴史が無いということが印象的で、それがたった20年でここまでの進化を遂げたことに逆に驚きを隠せずにはいられません。先輩方の知恵と苦労は素晴らしいものがあります。

 

その英知を継承し、次の世代に伝えていくのが獣医学Veterinary scienceと呼ばれる所以です。Medicineであり、Scienceでもあるんです。

 

 

しっかり気合い入れて日々の診療に取り組んでいきます!自戒、自戒、自戒。

 

 

 

 

 

 

 

« »