RECENT POSTS

緑内障という病気

 

緑内障、イヤな病気です。

 

 

”緑内障です”と診断するのがどれだけ辛い事か…

でも、伝える事は伝えないと。

 

どこまで伝わっているか心配になることもありますが、十分に時間をかけて説明します。

たいていは手遅れです。

待てよ?”手遅れ”っていう言葉、正しいのか?

それなら、”遅れ”ずに来院してもらえば、視覚は救済できるのか?

 

残念な事に、現在の獣医療では緑内障眼の視覚救済はかなり難しい。

一部の報告では、視覚ある状態で、急いで外科手術を行った上での視覚温存率は

6ヶ月後:66%

12ヶ月後:50%

 

一方、視覚ある状態で、点眼治療した視覚温存率は

6ヶ月後:48%

12ヶ月後:26%

 

 

 

まだまだ本疾患が解決される道のりは遠い…

 

 

では、治療不可能な時、どうするのか???

 

こんな感じで、眼の中が血まみれです。

痛さのために反応性の目ヤニが出ています。

 

眼圧が40mmHgを超えた状態が7時間続くと、視神経に不可逆的なダメージが及びます。

(ちなみに正常眼圧の目安が10-20mmHg)

つまり、失明です。

 

”緑内障は眼に矢が刺さっている状態。痛いし、見えない。僕ら獣医師はその痛みをとってやらなくちゃならない。”(Dr. Wilkie談)

 

緑内障による眼疼痛改善のために、眼球摘出もしくは義眼が望まれます。

治療内容が派手ですが、見えていない眼に何ができるでしょう?

強力な鎮痛剤?

いやいや、戦っている相手は緑内障。

だんだん眼が大きくなってくるのです(牛眼(ぎゅうがん)と言います)

そして、眼が閉じれなくなってくる。

角膜のど真ん中に傷や膿みが溜まってくる。

 

その後は眼球癆(がんきゅうろう:眼が萎縮する)に移行します。

そうなると目ヤニが止まりませんよ。

 

 

緑内障の原因は様々です。

眼に炎症が起こった後の虹彩後癒着から緑内障(iris bombeと言います)

 

 

 

はたまた、白内障が急速に進んで、レンズが破裂したことによる緑内障(phacoclastic uveitis)

 

などなど。

 

 

 

原因は分かるようになってきた!!

さぁ、次は治療だ!!!!

でも、それが難しいんだ…汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« »