10月2018

10月29日(月)の午後診察に関して

こんにちは

くるめ犬猫クリニックです。

 

来週10月29日(月)は、昼休み時間に緊急を要する眼科手術が入ったため

午後の診察開始を15:00からとさせていただきます。

 

そのため、午前・午後ともに診察が大変混雑することが予想されます。

お時間に余裕を持ってご来院ください。

 

急な変更で大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。

 

10月27日16:45

くるめ犬猫クリニック 動物看護師 古賀

初心を忘れないで

忙しく診察させていただいております。

長い時間お待たせする形となり、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

現在、一緒に働く獣医師を募集しております。

そして、貴重な時間を割いて来院していただいているご家族と愛犬・愛猫への時間を

大切に共有できるよう病院全体で取り組んでおりますので、ご寛恕くださいませ。

 

 

日頃のご家族との話の中で皆様が特に感じて(心配して)いることトップが、

”こういうことをしてもいいんですか?”

です。

例えば

・パンとかあげていいんですか?

・一緒に寝てもいいんですか?

などなど。

大抵の場合、僕は”どうぞ!”って答えています。

 

 

 

だって、犬や猫を家族として迎え入れる時、いろんな楽しいことを想像してたはず。

一緒にパンやおにぎりを食べよう

一緒にお昼寝しよう

晴れた日にのんびり散歩しよう

などなど。

ぜーんぶ実現していいんです。

 

 

 

 

みんなの生活を豊かにするのが”伴侶動物”です。

彼らもご家族がリラックスしているのを見るのが大好きです。

だけど、招き入れた瞬間、”希望”が”管理”に変わってしまいます。

人間の食べ物を与えると寿命が短くなる。

ケージの中に入れて飼わないと言うこときかなくなる。

などなど。

迎え入れる前のワクワクはどこへ行ってしまったの?

 

 

 

では、あまりに自由にやりすぎたらどうなるでしょう?

”やりすぎ”たら、病気になってしまう”かも”しれません。

アレルギーを持っていて、”それ”を食べたら、アレルギー症状が出る”かも”しれません。

与えたら、それに対する反応をみましょう。

皮膚を痒がっていないか?

便の具合はどうか?

ちゃーんとフォローしましょう。

僕らだって甘いものを食べ”すぎ”たり、お酒を飲み”すぎ”たりしないようにしていますよね。

個体差がありますので、隣の家のワンコが食べれる物が全てOKではありません。

なので、お散歩で出会ったワンコへおやつをあげるときは、

ご家族へ了承を取るのが良いマナーです。

 

 

 

 

もちろん、玉ねぎ・チョコレート・ぶどうなど与えてはいけないものはダメです。

油物は下痢する恐れがあるので注意しましょう。

最近、僕が来院されたご家族に伝えているのは、

”自分がお腹壊した時に食べるものは、与えてもいいですよ”

と伝えています。

お腹壊した時にトンカツは食べないですよね?

与えるときは少量にしておきましょう。

また、何か治療中の時はその食事に専念したほうがいいです。

健康な時に一緒に楽しみましょう。

 

 

 

また、ご家族のベッドにノミダニを持ち込むわけにはいきません。

今は、かなり良いノミダニ予防薬が病院で処方できます。

完全防御すれば、ご家族のベッドも守れます。

寝る前のブラッシングでも埃や付いてしまったノミダニを落としてあげましょう。

ワンコやニャンコとのスキンシップは、ご家族のリラックスタイムでもあります。

ご家族ご自身の今日一日を振り返り、明日への希望も充電できます。

ゆっくり話しかけて、素敵な時間をお過ごしください。

 

 

 

 

 

コメディアンの志村けんさんが勤める番組の中で、心に傷を負ったワンコを

人馴れさせると言うコーナーがあります。

志村けんさんは、そのワンコとの散歩中、

水飲むか?

人が向こうにいっぱいにいるね。

ちょっと休もう。おやつでも食べるか?

など、たくさんたくさん、そのワンコに話しかけています。

その気持ちが徐々にワンコにも伝わります。

 

ご家庭でのブラッシング中、いろんなことを話してあげてください。

気にかけること。

そして、心を赦し、認めると、とてもいい信頼関係が生まれます。

 

 

 

 

夢や希望は叶えるもの。

学会の道中、羽田空港に飾ってあった広告には次のようにありました。

 

”夢に力を。力に夢を。”

 

私たち、くるめ犬猫クリニックも邁進してまいります。

ご家族とそのペットたちに幸せが届きますように。

 

 

 

 

くるめ犬猫クリニック 院長