久しぶりに

Category - お知らせ, ブログ, 一般診察, 院外活動 

おかげさまで忙しく活動させていただいております。

たくさんの情報を入力し、咀嚼し、有益な情報を出力していますが、

自分の気に入った情報のみではないよう、最大限気をつけているつもりです。

 

たくさんのご縁の中で、眼科実習講師をしてまいりました。

講師を勤めることは知識のアウトプットができ、大変刺激になります。

過去にも様々な勉強会でお招きいただいたことがありますが、

今回のオファーは僕が九州に戻ってきたばかりに知り合った旧知の先生からでした。

久しぶりの再会を喜ぶとともに、まさかこのような機会でお会いできるとはと驚きもありました。

何か残せるものがあれば幸いだと願うばかりです。

(実習中の一コマ。プライバシーに配慮して画像を修正しています。)

 

 

 

続いて、腎臓に関する勉強会に参加してきました。

古くから人医療では使われているベラプロストナトリウム。

当院でもかなり前から猫や犬の腎不全に対して使用しております。

今回は、共立製薬から猫用として農林水産省から認可取得した動物用ベラプロストナトリウムに関して

講師の先生と様々なディスカッションができました。

 

腎不全は猫に多く遭遇する慢性消耗性疾患です。

様々な発症要因があり、個々の病態に合わせた治療が必要と考え、その治療に取り組んでいます。

大事なことは早期発見、早期治療。

あまりに進行すると手立てがありません。

無事に救えた症例を1例報告いたします。

ワクチン接種に来た高齢の猫さん(ワクチン接種しようと思うくらいご家族は健康と思っていた)

ワクチン前の様々な問診から眼底検査をすると眼底出血を確認!

慌てて血圧をとると

最高血圧:246mmHg(正常は160mmHg以下)

最低血圧:211mmHg(正常は100mmHg以下)

 

その時の網膜OCT画像

血圧が高すぎて網膜がグネグネに浮いています。

網膜剥離のリスクがとても高いため、ワクチンどころではないということで、

各種検査ののち、血圧降下剤を投与しました。

 

血圧降下剤投与開始から10日後、再度血圧の測定をすると

最高血圧:168mmHg(正常は160mmHg以下)

最低血圧:122mmHg(正常は100mmHg以下)

と無事に落ち着いてくれて、腎臓の数値も改善。

改善後のOCT画像は

網膜の挙上もなくなり、一安心。

 

全ての例がこのようにうまくいくとは限りません。

けれど、重症化させずに早期の対応がいかに重要かを考えさせられます。

健康寿命。

様々なところで目にするキーワードですが、ペットたちにも貢献できるよう頑張りたいと思っております。

 

 

長くなりますが、最後に大学院授業です。

常に国内トップクラスの最新情報に触れていると、今の自分の軸がどこにあるか分からなくなります。

教授からは優しい言葉をかけてもらい、充実しております。

おかげさまで、論文を書いていいとまで言われるようになりました。

この先、たくさんのチェックを受け、論文化されていくんでしょうけど、その障壁はすさまじいものです。

 

家康の遺訓

「勝つことばかりを知りて負ることをしらざれば、その害身に至る」

ともあるように、いろんな障壁を乗り越え、この先も頑張っていきます。

 

くるめ犬猫クリニック 院長

 

 

【餅つき大会のお知らせ】

今年も年末もちつき大会を開催いたします!

12月28日(土) 午前中開始予定です。

1年の締めくくりに是非おもちをつきに来てください♪

詳細は後日ブログにてお知らせいたします!

 

くるめ犬猫クリニック

動物看護師 古賀