2021.06.21 Monday

ブログ 

2021-04-08 06:00:00

ノミ・マダニの季節が来ました!!

こんにちは!

 

4月になり暖かくなってきました🌸

 

皆さんノミダニの予防始めていますか??

 

 

D0CE9265-7867-443F-A419-63A395156126.jpeg

当院にトリミングに来たわんちゃんに付いていたマダニです!!

耳に付いていたのを、トリマーさんが見つけてくれました。

全長1~2mmほど。

このマダニは吸血して(皮膚に噛み付いていた)ため、専用のピンセットで除去!

 

マダニは、吸血する際に皮膚に噛み付くと、口からセメントのような物質を出し、簡単に外れないようになります😱

 

無理に取ろうとすると、口の部分が皮膚に残ってしまい、痒みや肉芽の原因になってしまうため絶対にダメ!

さらに潰してしまうと卵が散ってしまうこともあるので、見つけた時はすぐに病院へ!!

 

マダニは体表に寄生してから吸血するまで、しばらくウロウロとして吸血場所を探します。

なので、お散歩の後すぐブラッシングをすることで、吸血する前に落とすことができますよ😄

 

吸血前のマダニを見つけたら、テープに引っ付けてしまいましょう!

写真のように周りをしっかりと塞いでしまえばOKです。

 

 

ノミは小さく動きが素早いため、見つけるのが困難です。

ノミが寄生しているかどうかチェックする時は、ノミの糞を探すといいですよ!

55781AEE-D25D-4448-A3AB-F2074E0259B3.jpeg

 

 

ノミは気温約13℃以上で活動し始めます。

ピョンピョン飛んで、犬猫の体に付いたらそのまま室内に入って来ることも多く、さらに室内の暖かい場所(絨毯やソファ、家具の下など)に生息、繁殖してしまうことも😭

 

ノミ取りシャンプーでは、ノミを仮死状態にするだけなので、しっかりと駆除するためにはお薬をきちんと使うことが大事です。

 

ノミは体表に付いたらすぐに吸血を始めるため、ノミ・マダニの駆除薬を投与していれば、すぐに死滅させることができます。

 

 

ノミ・マダニは犬猫だけでなく人にも害を及ぼす可能性、発疹や痒みだけでなく、様々な病気を媒介することがあります。

瓜実条虫という内部寄生虫や、SFTSといった死に至ってしまう怖い病気もあります。

 

 

楽しいお散歩を安全にしていただくため、ノミ・マダニの予防(駆除)はしっかりと行いましょう!!

 

1D4A13CC-2DDA-44FD-8141-575F908C629A.jpeg

 

くるめ犬猫クリニック

動物看護師 古賀