2022.05.24 Tuesday

ブログ 

2022-03-01 07:55:00

失明と高血圧

徐々に暖かくなってきました。桜の開花が楽しみな、このワクワクする時節がなんともいえません。

 

 

 

別れと出会いが街の雰囲気からも察して取れます。新生活を送られる皆さま、どうかご安全に。

 

 

先日から続き高血圧と失明について。

 

血圧が実際にいくつからどうなるか?はその動物の血管の弾力性によってまちまちですが、下記の写真になる前には手を打ちたいところです。

11329_2月_16_2022_45167029Right.jpeg

 

高血圧を疑う家での症状はすみっこに居たり、よく吐くようになったり、怒りっぽくなったりします。これらの症状は突然というより、ジワジワと来ます。注意深く色んな角度から問診しますが、眼底検査ですぐに分かるケースもあったり、見つけにくかったりします。主に高齢の動物に見受けますが、先日のニャンコは8歳での発症でした。

 

 

そして治療を行うと、網膜が復位してきて、眼底検査では分からなくなってきます。見え方が完璧ではない時はOCTという検査をすると下図の所見が得られます。

IMG_0020.jpeg

 

あと少しなことがわかります。

測定すると挙上幅は157μmでした。

 

 

ステイホームの中で我々獣医療も進歩しました。それはご家族の注意深い観察力のおかげです。この先も対話を通じて、早期発見を目指し、それを治療に落とし込んでいきたいと思います。もちろん、完璧はいつの時代もありませんが、その努力こそが次の世代への橋渡しになると信じています。

 

 

 

まだ足りぬ。

踊り踊りてあの世まで

 - 六代目 尾上 菊五郎 

 

 

 

くるめ犬猫クリニック 院長