2022.12.06 Tuesday

ブログ 

2022-11-15 06:00:00

寒くなってきました🫧

おはようございます☀

朝夕冷え込み寒くなってきました。

寒くなってくるこの季節、動物病院では猫ちゃんのご家族で多く来院される症状があります。

 

それは…「トイレに何回も行っている」「トイレにずーっと座って鳴いている」「おしっこが出ていないみたい」

 

腹部エコー検査にておなかの中を見てみるとピンポン玉のように丸くなった膀胱が見られます。おしっこが排泄できず膀胱の中におしっこがパンパンに溜まっている状態です。

 

 これは、この時期に多くみられる猫の【尿道閉塞症】です。特に雄猫に多く見られる症状です。

膀胱内の浮遊物や結石が尿道に詰まってしまい、おしっこが出なくなってしまいます。おしっこがでなくなってしまうと、急性腎不全や尿毒症となることがあり早急に治療が必要な病気です。

 原因のひとつに飲水量の減少があります。寒くなってくると、猫ちゃんは飲水量が減ります。

そのため、これからの時期に多発する病気です。

 

 対策として飲水量を増やすことが1番ですが、猫ちゃんに水を飲ませることはなかなか難しいことです。

そこで、水分の多いごはん(ウェットフードなど)を与えることで自然に水分摂取量をふやすことができます。

また寒いときに冷たいお水は好まないので、少し温めたお水を用意してあげるのもおすすめです。

この時期に限らず、日ごろからトイレはこまめにきれいにし、複数用意してあげることで膀胱炎等の予防にもつながります。

 

 

【よく見られる症状】

・排尿姿勢をとるが尿がでない

・異常な鳴き声をあげる

・部屋の隅でじっとしている

・元気消失

・食欲不振

など

 

もし、このような症状がみられて、いつもと様子が違うなと感じたときは早めの受診をおすすめします。

 

ご不明な点がございましたら、気軽にご相談ください

 

 

 

くるめ犬猫クリニック

事務 渡辺