2022.12.06 Tuesday

ブログ 

2022-06-25 05:55:00

最近の病院

歯科用顕微鏡が導入され、運用が始まりました。

顕微鏡はLeica社製でLED照明のものです。HDMIケーブルでモニター出力もでき、術中動画撮影も可能です。術者の樋口先生だけでなく、助手も進行状況が確認できるため、術中の意思疎通が図りやすくなりました。

BAF7E3BF-25F4-4558-AB30-EA009521BAE9.jpegFDB1712E-5E7D-49C5-A470-2467521CB68F.jpeg

 

歯科専用の術台を使用しており、顕微鏡の高さ、術者の肘の位置、椅子の高さなど細かく調整が効く仕様にすることができました。手術の精度、手ぶれの補正など術後成績に寄与するものと思われます。

 

 

 

 

 

同じ日に別枠で白内障手術も行いました。白内障により視覚喪失状態でしたが、術後は無事に見えるようになりました。術後管理が残っていますが、まずは第一関門突破です。写真はカプセルテンションリング(水晶体嚢が眼内で安定するのを目的に挿入するPMMA素材のもの)を挿入しているところです。

2A051C7A-B22F-4A5F-A75E-724CCD0253BD.jpeg

 

 

 

 

 

 

最後にもう一つ

院内美化計画としてオペ室壁面にLEDテープライトを設置しました。夜はかなり綺麗ですよ。手術室のカーテンを開けておきます。見に来られる方は是非!!!このライトは昼の手術にも貢献してくれます。

9EEF8D06-6E37-497D-99B8-35516CA01D40.jpeg 

 

 

 

 

以上、最近の当院の取り組みでした!

 

 

くるめ犬猫クリニック 獣医師 奥井寛彰